打放しコンクリート
コンクリート打設をしたままの面で、仕上げ面の美観に気を付けて仕上げたコンクリートのこと。仕上げ面に割れ、ジャンカ(骨材が見える状態)、汚れ、凹凸面が出ないよう型枠の精度を良くし、密実なコンクリートを打つために、突固めやバイブレーター等で十分振動を与え、また鉄筋保護のため、かぶりを増すなどの仕上げがしてある。
×閉じる