営業保証金
宅地建物取引業者が営業を開始するには、営業保証金というものを供託所に供託しなければならない。これは宅地建物の取引に関し、宅地建物取引業者の信用を担保し、万一事故が生じた場合にそこから損害賠償等の支払いを受けられるように保証金を供託しておくシステムをいう。また、同様に消費者の損害を補てんする制度に、弁済業務制度がある。営業保証金のほうは、個々の宅地建物取引業者が供託するのに対し、この弁済業務制度は宅地建物取引業保証協会が供託するもの。
×閉じる