青色申告
所得税、法人税で帳簿書類の記帳に基づき申告する制度で、青色申告の適用は、個人はその年の3月15日(事業開始は2ケ月以内)まで、法人は適用したい事業年度の開始日の前日(法人設立では設立3ケ月経過日とのいずれか早い日)までに、青色申告承認申請書を税務署に提出し承認を受けなければならない。申告は、帳簿書類の備え付け、記録、保存を義務とし、(1)欠損金の繰越(法人5年・個人3年)、(2)租税特別措置法の特別焼却等の適用、(3)所得税では各種引当金、青色専従事業者、青色申告特別控除(10万円、貸借対照表の添付で45または55万円)等の特典がある。
×閉じる